公的な転職支援と民間機関の転職支援の違いとは何でしょう?

転職エージェントなど民間の転職支援は、専門のエージェントがいます。
各会社、得意なジャンルを持っていることが多く、
スキルを活かした転職を希望している場合に便利です。

企業の細かな特徴や方針などの情報をもっているので
その企業に有効な書類の作成や、面接の対策をする事が出来ます。

公的な転職支援では職業訓練を受ける事が出来ます。
より良い条件の仕事に就くために、スキルを身に付けたい人は
職業訓練を利用してみましょう。

何か手に職を付けたいけれど、これといって決まった目標が見つからない方は
民間の転職サイトなどで職業適性テストを受けてみると良いでしょう。

自分に向いているものを見つけてから、職業訓練を選ぶのも一つの方法です。
自分一人では気づかなかった事見つけられるかもしれません。

職業訓練の詳しい資料はハローワークでもらえます。

また、全国の都道府県でも行われています。
県庁のホームページから詳しい情報を知る事が出来ます。

それから公的な転職支援のメリットには失業保険もあります。

失業状態になったときに失業給付金を受取れるかどうかを確かめておきましょう。
付金を受取れる場合はハローワークで手続きをとることが出来ます。

まず、失業保険に6ヶ月以上加入していたか確認してみてください。
次の就職先が見つかった場合すぐに働く意思があることも条件になります。

働いていた状態でも条件が違います。

・離職するまでの一年間に働いていた日数が
14日以上の月が6ヶ月以上あるかどうか。

・パートやアルバイトで仕事をしていた人は、
労働時間が20時間~30時間と、短い場合があります。
その場合は、離職するまでの二年間に、
1ヶ月間で11日以上働いていた月が12ヶ月以上あれば条件を満たします。

・派遣社員として働いていた場合は、
派遣元に一年以上雇用されていて派遣先で1週間に20時間働いている
(派遣先が変わって複数ヶ所で働いていた場合はその合計)場合も、
離職するまでの一年間に働いていた日数が14日以上の月が6ヶ月以上あること、
二年間に、1ヶ月間で11日以上働いていた月が12ヶ月以上あれば条件を満たします。

以上、要確認しておきましょう!