同じような仕事で、求人を複数見つけた時に選ぶ基準は何でしょう?
一般的に小さな会社はアットホームな雰囲気な職場が多いです。

その場合、仕事以外の人付き合いをする機会も多くなります。
休日まで会社の人と過ごすのが苦痛だと感じる人には向かない職場になります。

仕事の内容や人間関係など、仕事によっても独特の雰囲気があるかもしれません。
その職場で働いている人に話を聞くことが出来れば一番なのですが、
身近に知り合いがいるとは限りません。

WEBサイト等で質問できる場所を利用するなどして調べてみましょう。

転職活動も大事ですが、退職の準備も同時に行わなければなりません。
転職を決意したからと言って突然会社を辞めてしまっても、
すぐに転職先が決まるとは限りません。

転職する前に今の仕事をやめてしまうのは避けたほうが賢明です。

退職する準備やタイミングも大切です。

せっかく転職先が決まっても、思わぬトラブルが起きて
退職が困難になった場合、転職に支障が出るかもしれません。

有給休暇を消化出来ずに退職するのももったいないので、
転職活動にうまく利用しておきたいところです。

退職に向けて気を付けておきたい事もいくつかあります。

転職の準備で疲れていたり、休みをとったりしている状況は、
職場の人間からみれば、今の仕事をいい加減にこなしているだけと
感じさせてしまうかも知れません。

トラブルや職場の雰囲気を壊してしまう結果にならないように
安易に転職活動をしている事を話さないようにしましょう。

◆退職願いと退職届けの違いを把握しておきましょう。

一般的には、退職願いを上司か人事、小さな会社なら直接社長に渡して
辞める意思を伝える事になります。

退職願いは会社が承諾するまでは『申し込み』にすぎません、
撤回される可能性もあることを覚えておきましょう。

退職届けが受理されて始めて退職する事が決定します。

また、引継ぎなどが必要な場合は、
辞める準備を整えておく事も必要になります。

職場の上司ともめる事の無いように、
退職願い(退職届)を出すタイミングにも気をつけましょう。

◆面接に備える

履歴書の書き方、面接の対策をしっかりしておきましょう。

転職をする動機、挑戦したい事、持っているスキル、
自分の長所や短所などはきちんと整理しておきましょう。

熱意や目標をはっきり言える事が大事ですが、
チームワークやコミュニケーション能力を重要視している場合もあります、
企業の求めている事を初め、業界の知識を調べておく事が大切です。

面接時の服装や化粧など身だしなみ、時間や挨拶など、
社会人としての基本的なマナーを再確認しておきましょう。