もっと目標を高く持ちたい、活躍の場を増やしたい、
新しい事に挑戦したいと考えるキャリアアップやキャリアチェンジを考えている人。

もっと自宅から近い場所で働きたい、
土日を家族とすごしたい、時間を有効に使いたい人。

家族が増えるので年収を増やしたい人。
産休、子育ての時間の取りやすい職場で働きたい人。

・・・など、人によって転職を考える理由はさまざまです。

より理想に近い職場を求めて転職しようと考えている人は多いでしょう。
早まった転職は失敗を招きます、よく考えてから決断する必要があります。

◆転職を決める上で、これだけは譲れない条件は?

理想を求めて新しい職場に入ったのに
想像していたものとはまったく違っていたり、
今の職場をやめてしまった後で転職しなければよかった、
と後悔してしまう事の無いように、よく考えてから転職を決断しなければなりません。

そのためには、現状のどこを変えたくて何を求めているのか、
新しく始める仕事をするために今の自分は何が出来て、何が足りていないのか、
自分一番望んでいる事が何なのか、一度整理してみる事が大切です。

紙に書き出してみたり、人に話してみると、客観的に自分の考えを見る事が出来ます。

◆転職活動のスケジュールを立てる

新しい何かを手に入れるには、現状の何かを犠牲にしなければなりません。
たとえば時間です。

転職するためには求人情報や企業の特徴、企業が求めている人材の情報など、
情報収集をするのに時間がかかります。

だからといってズルズルと時間をかけすぎても、
理想の職場が見つかるどころか、今の仕事にも影響してしまうかもしれません。

新しい仕事に就くまでの流れは
『自己分析→情報収集→書類制作→応募→面接』となり、
これをクリアして初めて採用通知を受取ります。

3~4ヶ月を目安に予定を立ててみましょう。

スキルを増やすために資格を取るのなら
勉強や受験を含めた長期の予定を立てる必要があります。